The Signal #15: Pyromania

from our July 11 newsletter, slightly edited for public consumption:

**

Friends,

July is here, and with it, San Francisco summer weather.

Our panel on the on-demand economy on June 28 came and went. Many thanks to those who joined us.  Shanea King-Roberson with Google shared insights about their Android nanodegrees; Michi explained labor demographic differences between the US and Japan. In particular, we enjoyed this video from Google, showing a mother and daughter talking about learning how to become Android developers.( Photo to the right.)on-demand economy panel.jpg

Coming up next from the Japan Society and Stanford US-Asia Technology Management Center: the US-Japan Innovation Awards, featuring Dropbox and Japan’s first unicorn, Mercari; keynote remarks from Ari Horie, founder and CEO of Women’s Startup Lab; a host of startups who will visit from Japan; and remarks from former US ambassador to Japan John Roos.  Join us on July 22nd.

 

July 4th happened (and we have proof!). A lot of fireworks were exploded, begging the question: what process do pyrotechnicians use? Do they wing it back there (like Pippin and Merry at a hobbit party)?  We asked an expert (who still has use of all his fingers).  sonomafireworks-small.jpgRegretfully, it turns out pyrotechnicians use multi-channel wireless firing systems.  Here’s an example.

In our last edition, we mentioned the Telecom Council’s recent Mobile Edge Computing forum, which essentially refers to putting cloud infrastructure at the edge of the cellular network, say, in a central office, i.e., very close to the user.  A panelist from an infrastructure provider mentioned something worthy of note here – that edge infrastructure is capable of single (digit)-hz precision. Let’s say a wireless carrier has 10 Mhz paired spectrum, meaning 10 MHz up and 10 MHz down.  Five hz precision, at 4 bits/hz (rule of thumb for 4G) would mean a channel *narrow* enough to support 20 bps, or low-traffic machine to machine applications. This could open the door to low-traffic (and potential high margin and sticky) and low-latency applications, like, say, autonomous cars. Something that got our attention. Hopefully this doesn’t mean autonomous cars are a 5G thing.

The economics of “I love you” are getting some press. So, let us be clear – we love you.

– Team Blue Field

 

話題のネットフリックス・ジャパンのオリジナル作品、「火花」を見ました。ご存知、ピース又吉の芥川賞受賞作品の映像化です。「世界同時配信」なので、私のアメリカのアカウントでも普通に見られます。珠玉のアート系インディ映画が10本つながっているような、映画でもありテレビでもある、これまで日本では不可能だった新しいジャンルの映像作品が可能になった、との感慨しきりです。

「火花」は、美しい熱海の花火大会の場面から始まり、花火が重要な背景の役回りを果たします。夏の間、毎週のようにどこかの海岸で花火が上がっている日本の夏休みを懐かしく思い出します。アメリカでは、花火といえば7月4日の独立記念日、同じ日に全米で一斉に上がります。高台にある我が家からは、はるか遠くの小さい小さい花火が5ヶ所ぐらい見えます。花火師の人たちは、1年に一回しかない大ピークとそれ以外は全く稼働なし、という商売をいったいどうやって回しているんだろう、と、いつも不思議なのですが、なにしろ、現在の花火打ち上げはコンピューターで制御されており、マルチチャネル無線花火システムが使われています。

6月24日、Jonがモデレーターを務めたTelecom CouncilのDistributed Cloud & Mobile Edge Computing フォーラムでは、「クラウド・コンピューティング能力を、ユーザーに近いエッジに分散する」技術が話題でした。そこでのインフラベンダーの話によると、エッジのインフラは、「一桁ヘルツ」単位の精度があるそうです。つまり、1ヘルツあたりのデータ通信量が4ビット(4Gにおける常識的な数値)と仮定して、1チャンネルあたり5ヘルツなら20 bpsとなり、トラフィック量の非常に小さいIoTに必要な「十分狭い」帯域のチャネルをものすごくたくさんとれる、ということになります。

2G、3G移行時に比べて、4Gでは今ひとつテクノロジー業界へのインパクトが小さい気がしていますが、それはこういった「チャネル数のエコノミー」効果が以前に比べて小さかったからだと私は思っており、さてIoT時代への以降でこのエコノミー効果がうまく働いて世の中が変わりますかどうか。

「I love you」という短い文章のメールマガ上のエコノミクスの記事が出ていますが、そういうわけでWe love youと申し上げておきます。

イベント関係では、6月28日に、ジャパン・ソサエティのパネルでJonと海部、それにグーグルで「ナノディグリー」プログラムを運営するシャネア・キング・ロバーソンさんが対談しました。次は、7月22日、「US-Japan Innovation Awards」イベントが開催されます。Dropbox、日本初の「ユニコーン・ベンチャー」となったメルカリ、Women’s Startup Labの堀江愛利さん、元駐日米国大使ジョン・ルースさんなどが登場します。ぜひ、ご来場ください

海部

***

Follow our LinkedIn page here and check out our blog posts on our website.

We are also active on Twitter.
Jon Metzler, Founder and President 
Sandro Olivieri, Product Strategist
Michi Kaifu, 
Analyst