オリンピックの「オンデマンド放映」とは何か

by Michi.

**

オリンピックというのは、きわめて多くの種目のスポーツが同時並行して競われ、きわめて多くの国が参加して、きわめて多くの視聴者が世界中にいる、という、究極のビッグデータ的イベントです。

周波数と一日24時間という大きな制約がある地上波テレビでは、その中からごく一部分しか抜き出すことができません。また、地上波テレビは多くの場合(日本ならNHK以外)CMでお金を稼ぎますので、CMが流れる瞬間になるべく多くの人が見ているようにしなければなりません。このため、どうしても「最大公約数的」に、その国の選手が活躍する+テレビ向けのメジャーなスポーツを選んで放映します。

アメリカは1970年代頃からケーブルテレビが普及しだして、何度かの政策的な後押しを経て、現在では全家庭の85%程度が、ケーブルまたはその競合の有料テレビを契約するに至っています。ケーブルでは周波数の制約がないので、きわめて多数のチャンネルを設定することができます。スポーツは地上波・ケーブルのキラーコンテンツでもあり、アメリカのテレビ業界ではスポーツは特別な地位にあります。アメリカでは、4大メジャー局のひとつNBCがオリンピック放映権を持っていますが、NBCは傘下にNBCSN、MSNBC、Bravo、USA、Telemundoなどのケーブル・チャンネルがあり、これらのケーブルチャンネルでも放映しています。それでも、放映される中身はやはりテレビ局が選んで編成しています。

さらに、ネットでのオンデマンド放映もあります。この形態がいつ始まったかはよく覚えていませんが、オリンピックでいうとすでに数回はオンデマンドでやっています。最初のうちは、「オリンピック・オンデマンド・パッケージ」のような形で有料でサインアップしなければならなかったので、全く人気がありませんでしたが、2010年前後から、テレビ業界が「ユーチューブ対策」として「TV everywhere」とよばれる方式を積極的に導入し、ケーブルテレビの契約者がパスワード認証で他の端末(パソコン、スマホなど)で番組を見られるようになり、ケーブル契約のオマケとして、オリンピックのオンデマンドが見られるようになっています。 Continue reading “オリンピックの「オンデマンド放映」とは何か”

The Signal #17: awkward board meetings

From our August 9 newsletter. (Don’t get it? sign up here)

***

Friends,

So you probably saw the news re Uber and Didi in China.  Uber will sell its operations in China to Didi and receive 20% of Didi. Uber joins Didi’s board; Didi joins Uber’s board.  The good folks at Pitchbook had a little visual fun with what this means from a shareholder / stakeholder perspective. pitchbook uber didi map.png

Um, awkward bedfellows.  Which is a good segue into the subject of today’s newsletter – strategic investment. And how it can be really awkward.

First, some terminology: what is corporate venture from the corporate investor perspective is strategic investment from the startup perspective.  The startup has decided that equity investment (not NRE; this is a subject for another day) from a strategic (corporate) investor will have value over and above the cash it would get from a traditional VC: perhaps through distribution, perhaps through imprimatur (i.e., the lift that would come when, say, Google or Intel invest), maybe through reach into an otherwise hard market (like, say, Japan!).  This is the principle behind strategic investment.  And it all sounds great. The partner has some skin in the game. They’re invested in you. What could go wrong?

Then there’s the tactical reality. The courtship process with a strategic investor means exposing your finances and plans to a potential customer/partner/acquirer. Some of those secrets will be given away *before* the investment happens – the corporate VC could just walk away. This is more likely than not – a corporate VC probably invests in 1% of all the companies it meets over the course of a year.lucy-football.jpg

Thus, to the entrepreneur, this is a gamble.  Despite what the VC may say, the entrepreneur should assume information will be shared between the investment arm and the business units.   Which is why a corporate VC needs to tread a delicate balance between doing its diligence and being perceived as on a fishing mission.

In Jon’s past life at Rosum (which had corporate venture investment from Motorola, In-Q-Tel and Disney, and from its ultimate acquirer, TruePosition) there was a certain corporate VC that would come calling every year. Despite our misgivings each year we’d suit up, pitch, and they’d go away for another year. It was like Charlie Brown and Lucy, and Lucy kept pulling the football away.   Further, each strategic investor had its own wish list. How to address potential n=1 requests while still scaling? This was an ongoing question, and ultimately we weren’t successful at answering it.

Some strategic investors want information rights; others want observer rights, meaning, they get to be in the room during board meetings though they can’t vote and can’t stay for executive sessions. Others, particularly those that function as lead investors, will have voting rights. So, for the startup, there’s the question of how much of how transparent are you willing to be? Are you willing to have a strategic investor / partner / candidate acquirer sit in the board room while you candidly discuss opportunities and challenges your company faces?  If a strategic investor really invested  in your success?  Or are they just keeping tabs on a disruptive technology?

These are things the entrepreneur should think about, and conversely they are nuances the corporate investor should be aware of. They are also reasons why corporate venture isn’t as easy as it might seem.

– Team Blue Field

 

コーポレートVCの「呉越同舟」

ウーバーと中国の滴滴出行については、読者の皆様もすでにご承知のとおり。もっぱら「ウーバーの撤退」と言われますが、滴滴に中国事業を売却した見返りに20%の滴滴株を受け取っていますので、いわば「呉越同舟」(中国なだけに?)となったとも言えます。

最近、シリコンバレーでコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)を運営する、あるいはやりたい、という企業が(国籍問わず)増えています。投資する側から見ての「CVC」は、投資される起業家から見ると「戦略投資」です。その名のとおり、純粋の金銭関係ではなく、自社プロダクトのディストリビューションの手段や、ブランド力などの戦略的付加価値を期待して投資を受け入れるわけです。

戦略投資家は、将来的に顧客・パートナー・売却先になる可能性がある訳ですが、投資検討の過程では、実際に投資に至る前に、かなりの自社情報を投資家候補に開示する必要が生じます。しかし、CVCが投資検討したベンチャーのうち、最終的に投資に至るものは、せいぜい1%程度と言われており、ベンチャーから見れば「ほとんど」の場合、CVCに情報をタダで持って行かれてしまうということです。そして、「CVCと本体の間で情報はやりとりしない」と約束したとしても、完全にシャットアウトすることはほぼ不可能です。そのため、起業家からみれば、センシティブな情報がCVCの事業部門に共有されるという前提で接触したほうが良いかもしれません。

つまり、ベンチャー側から見ればCVCとのつきあいは、場合によっては自分の競合になるかもしれない相手に貴重な情報を与える「ギャンブル」ということになります。だから、CVC側にとっては、「デュー・デリジェンス」をきちんとやるということと、ベンチャーに「ただ情報を取りたいだけなのでは」という疑念を起こさせ、ディールが失敗することの間で、微妙なバランスをとらなければなりません。

Jonは、以前在籍したRosumという会社でこれを経験しました。同社はモトローラ、In-Q-Tel、ディズニーから「戦略出資」を受けていましたが、その他にとあるCVCが投資を検討したいとやって来て、こちらが準備してスーツを着込んでピッチして、やはりやめたと去っていっては、また翌年また戻って同じことを繰り返していました。毎年、感謝祭が来るたびに、フットボールを蹴ろうとするチャーリー・ブラウンからボールを取り上げるルーシーを思い出します。今考えれば、我々も人が良すぎたと思います。

CVCとしては、取締役会の席が欲しいのか、投資先の取締役まで行かなくても同席して傍聴する権利が欲しいのか、漠然と情報が欲しいのか、などといろいろなレベルがあります。投資される側のベンチャーは、果たしてどこまでCVCに情報を渡す覚悟があるのか、CVCがどこまで自社の成長にコミットしてくれているのか、常に考えておく必要があります。

CVCとベンチャーは、まさに目的が違う人々が同じ舟に乗る「呉越同舟」の関係にあります。CVCとしても、ベンチャー側がどういう目で自分たちを見ているのか、承知した上で舟に乗る必要があるといえます。

海部

The Signal #16: SoftBank and spider powers

from our July 27 newsletter, The Signal.  (Sign up for more installments here)

***

Friends,

So, like, SoftBank is buying ARM.  We’ve gotten a fair bit of questions about this and so will comment here.

First and foremost, it can be helpful to think of SoftBank as an investment company that owns a telco, rather than a telco that makes investments.  This is a key point of differentiation. There is no carrier in the US market that allows for an apples-to-apples comparison with SoftBank. T-Mobile has similar spectrum; Verizon has bought AOL and Yahoo and Millennial Media; but SoftBank is SoftBank.  Sprint, while owned by SoftBank, is not like SoftBank.

SoftBank, in its guidance to investors on the acquisition (go here, accept the disclaimer, then read this deck), provides a deck that is worth reading. It clearly differentiates between its platform businesses (“operating assets”) and disruptive businesses (“investment assets”), as shown in the graphic here. Getting back to our point abovsoftbankbusinessportfolioe, this is a portfolio manager perspective on businesses.

BCG’s 2×2 matrix (growth share matrix) on businesses, which segments businesses into cash cows, stars, question marks, and dogs, is another way to look at these.  Platform businesses (cash cows): businesses that provide cash flow and are distribution platforms (read: SoftBank Mobile); and disruptive businesses (stars or question marks) are businesses with prospective exponential growth (read: Alibaba).  As you might guess, disruptive, high growth businesses can turn into operational assets, and Yahoo Japan is an example of that within SoftBank’s portfolio.

So which is ARM?   ARM’s revenue (about $1.5B in 2015, with operating profit of $500M) grew 15% YoY in 2014 and 2015. Healthy growth and margin that could produce “yield” for other businesses.  (And certainly more yield than cash would get in Japan.)

ARM also serves a vast and diverse set of customers.  Thus, vertical integration into SoftBank’s businesses, or altering its roadmap to favor SoftBank projects, could be counterproductive for the ARM business as a whole. Thus, it’s our view that SoftBank will support ARM’s operations as an independent company.

In other news, on Friday July 22 we attended the Japan-US Innovation Awards, presented by the Japan Society and Stanford’s Asia Technology Management Center.  In addition to award recipients Dropbox and Mercari, the event featured anexcellent group of showcase compaspiber north face.jpgnies visiting from Japan: Spiber (photo of prototype jacket for North Face), which makes spider-inspired biomaterials; Axelspace, which makes micro-satellites; Preferred Networks, which applies deep learning techniques in fields like robotics and automotive; Xenoma, makers of e-skin; and Floadia, makers of non-volatile memory.  With the exception of Preferred Networks, all were hardware startups, broadly defined, and even Preferred serves a list of industrial customers such as Fanuc and Toyota.

Hardware is alive and well, apparently.

Onward!

– Team Blue Field

ご存知のとおり、ソフトバンクがARM買収を発表しました。この件についてコメントをよく求められるため、少々まとめてみます。

特にここがアメリカ人の通信業界人にとっては理解しづらい点だと思いますが、ソフトバンクは「通信キャリアを保有している投資会社」であって、「通信キャリアが投資をしている」のではありません。ですから、ソフトバンクとダイレクトに比較できる米国のキャリアは存在しません。ベライゾンがヤフーを買収しようとしているのとは、全く意味が異なります。そして、スプリントはソフトバンクの傘下にありますが、ソフトバンクと同じではありません。

ソフトバンクの投資家向け資料にある図は、この構造をわかりやすく表現しています。ここでは、プラットフォーム事業(「Operating Assets」)と破壊的事業(「Investment Assets」)にはっきりと分類しています。これは、まさに「ポートフォリオ・マネージャー」の視点です。

BCGの有名な「成長のマトリックス」でいえば、プラットフォーム事業(ソフトバンク・モバイルなど)は「キャッシュカウ」であり、そこで得たお金を破壊的事業という「スター、またはクエスチョンマーク」に投資し、当たり外れは大きいが当たれば(アリババのように)大儲けという仕組みですね。

では、ARMはどれに当たるでしょうか。売上が年率15%成長しており、健全なマージンがあり、そのままで「キャッシュカウ」としてしっかり稼いでくれそうです。また、ARMは非常に広範囲にわたる多数の顧客を持っており、既存のソフトバンクの事業と縦統合したり、ソフトバンク本体のために将来のプロダクト・ロードマップを変えるといったことをすれば、むしろ邪魔をすることになりそうです。このため、我々としては、ソフトバンクはARMを独立事業としてそのまま運営させるだろうと考えています。

ちなみに、スプリントはすでに大幅なテコ入れもなく「成り行きに任せる」経営のように見えますが、ターンアラウンドして高くして売ろうというつもりでなく、「キャッシュカウ」と思えばなるほど理解できます。しかし、無線通信キャリアには、必ず10年に一度「死の谷」が巡ってきます。次世代無線技術に対応するインフラ/周波数にアップグレードするためのまとまった設備投資の時期のことで、スプリントは「5Gに至る死の谷の時期」、2020年の少し前あたりが勝負になってくると思われます。

ところで、7月22日には、ジャパン・ソサエティとスタンフォード大アジア技術経営センターの共催による「Japan-US Innovation Awards」イベントが開催されました。ドロップボックスとメルカリが受賞したほか、いくつかの日本の技術ベンチャーも展示を行いました。ほとんどの出展者がなんらかの「モノづくり」に関わっているのが印象的でした。

海部

**

Want more insights like this? Sign up for The Signal here

Japan – US Innovation Awards Symposium July 22

In my role as Japan Society board member, I’m happy to share the agenda for our annual Japan-US Innovation Awards, shown below.

 

**

 

 Japan – U.S. Innovation Awards Symposium 

Friday, July 22, 2016 | 1:30 – 6:30 pm

Frances C. Arrillaga Alumni Center, 326 Galvez Street, Stanford University

 

Now in its Sixth Year, the Japan – U.S. Innovation Awards Symposium is presented by the Japan Society of Northern California in cooperation with the US-Asia Technology Management Center.

Agenda:

 

1:30pm Opening Remarks – Moderator, Richard Dasher, Director, Stanford University US-Asia Technology Management Center
1:35pm Welcoming Remarks – John V. Roos, Founder and General Partner, Geodesic Capital & former U.S. Ambassador to Japan
1:40pm Keynote Remarks – Ari Horie, Founder & CEO, Women’s Startup Lab, “Breathing New Life into Innovation”
2:25pm Emerging Leader Awards Presentation & Panel:

Dropbox (U.S.) and Mercari (Japan) 

Ryo Ishizuka, US CEO of Mercari, and Thomas Hansen, Global Vice President for Revenue of Dropbox, Allen Miner, Chairman of SunBridge Corporation, and moderator, Robert Eberhart, Assistant Professor of Management at Santa Clara University

3:10pm Networking Break
3:35pm Prior Emerging Leader Report  – Moderator, Hiroshi Menjo, Net Service Ventures Group (details TBA)
4:10pm Innovation Showcase Recognition & Panel Discussion:

Axelspace CorporationFloadia CorporationPreferred Networks, Inc.Spiber, Inc. and Xenoma, Inc. with moderator, Ken Yasunaga, Managing Director, INCJ

 

5:10pm Wrap Up – John Thomas, Vice Chair, Martingale Asset Management
5:15pm Closing Remarks – Larry Greenwood, President, Japan Society of Northern California
5:20pm Networking Reception – Light snacks and beverages

Symposium attendees will have an invaluable opportunity to experience first-hand the exciting products offered by each Innovation Showcase company, as well as unmatched opportunities to network with thought-leaders who are active at the intersection of Japanese creativity and Silicon Valley entrepreneurship and innovation.

 

Early bird registration ends today!